なるべく早く歯医者に行くことが大切

この記事をシェアする

コンポジットレジンを使う

すばやく歯医者に行くことで、欠けた歯を元に戻すことができます。
その時は、コンポジットレジンという材料を使うと覚えておきましょう。
コンポジットレジンは、欠けた部分が小さい場合にしか使えません。
大きく歯が欠けて、神経まで損傷している時は、そちらも治療しなければ歯に悪影響を与えてしまいます。

このようにいくつかの方法があるので、医師に診てもらい、最善の治療方法を選んでもらってください。
歯が欠けたばかりの時は痛みを感じず、まだ大丈夫だと思ってしまう人が見られます。
ある程度時間が経過して後から痛みを感じるかもしれませんし、時間が経過すると、欠けた歯を修復できなくなってしまいます。
なるべく早く歯医者に行くことを意識しましょう。

抜歯が必要な場合

歯が欠けた衝撃で、ヒビが入ってしまうことがあります。
それが歯の根元まで到達している時は、抜歯した方が良いと医師に言われるかもしれません。
抜歯した後は、代わりの歯を埋め込む治療が行われます。
保険を適応できる方法だと銀歯や差し歯、保険を適応できない方法だとインプラントが挙げられるでしょう。

インプラントはかなり高額で、1本100万円という金額になるケースも多いですが、自然な見た目になる面がメリットです。
特に前歯は口を開けた時に目立つ部分なので、銀歯や差し歯では気になるかもしれませんね。
デンタルローンを組んで支払うこともできるので、インプラントにする場合はどのくらいの金額になるのか、医師に具体的な説明を聞きましょう。