欠けた歯を持って行こう

この記事をシェアする

触らないようにする

歯が欠けると、気になったり心配になったりして、触ってしまう人が見られます。
触ってしまうともっと歯が割れる可能性があるので、あまり触らないでください。
手で触ることでバイ菌が侵入し、病気を発症する恐れがあります。
欠けた歯が残っている時は、保管して歯医者に持って行くのが正しい対応です。
綺麗に保管できていると、その歯を使って修復できるかもしれません。

突然歯が欠けるとパニックになる気持ちはわかりますが、冷静に対処するようにしてください。
このような事態が起こった時のために、かかりつけの歯医者を探しておくのがおすすめです。
歯が欠けてから歯医者を探すのでは、間に合いません。
前もって信頼できて、実力の高い医師がいる歯医者を見つけましょう。

いつトラブルが起こっても良いようにしよう

休日に、突然歯が欠けるかもしれません。
通常の歯医者は平日にしか開院していないので、翌週になるまで待たなければいけません。
しかし欠けた歯の治療は、時間との勝負です。
治療が遅れるとそれだけ修復するのが難しくなるので、休日でも開院している歯医者を見つけてください。

ネットで検索すると、近隣で休日対応ができる歯医者を探せると思います。
ただ休日に開院している歯医者は混みやすいので、予約を忘れずにしましょう。
予約する際に、歯がどのような状態になっているのか、欠けた歯が残っているのか伝えましょう。
こちらの症状をある程度伝えることで、医師は治療の準備をして待ってくれています。
スピーディーに診察を進めることが可能です。